PAGE TOP

インタビュー

HOME >> 会社案内:インタビュー

サトウオートショップ社長:佐藤 利次

車が好きだって思ったのはいつ頃からですか?

今を考えると不思議なんですが、免許証を取ってからなんですよ。それから実際に車に乗って興味を持ち出しました。意外でしょう。といってもバイクはその前から乗っていましたけどね。

免許を取得して初めて乗った車は何ですか?

一番初めに乗ったのは赤い「パブリカ」(1960年代を代表するトヨタの車。強制空冷水平対向2気OHV、697cc、28馬力のエンジンを搭載したFR駆動車。車名は、一般から公募されたもので、パブリックとカーの合成語)です。この車に乗ってから車が好きになりました。運命の出会い?だったかもしれませんね。(笑)

この世界に入ったのはいつ頃ですか?

23歳の時に、外車のディーラーに就職したのが一番最初です。アメ車(アメリカ車)を扱いました。当時は、アメ車が人気でかなり勢いがあった時期でしたね。

一番好きな車は?

「アストン・マーチン」です。27歳の頃初めて出会いました。自分の車ではなくてお客さんの車でしたけど、そのインパクトは強烈でしたね。今でも乗ってみたい車です。

最近の車については?

車を見てきて35年あまりになりますが、一番変わったのはセンサーですね。デザインは四角くなって丸くなっての繰り返しのような気がします。最近の車は神経系統に問題があると思います。配線巡らされてセンサーが多くてコンピューターで制御されて、すごいストレスが貯まっているので電気系統の故障がすごく多いんです。

不思議なもので、車も人間と同じなんですね。ストレス貯まってイライラして病気になるんですよ。逆に変わらないのは、ガソリンをシリンダーで燃やして車を動かすということ。これはアメ車だろうがドイツの車だろうが車種が違っても同じです。そして丸いタイヤで走るのも同じ。

つまり、ガソリンを燃やして動力にしているのは、いつの時代でもどんな車種でも同じなんです。(電気自走車や水素燃料などの例外はある)何が違うのかといったらセンサーが違う。制御システムが違うだけで、あとはみんな同じです。その制御システムさえわかれば、どんな車でも直るということです。

これからについては?

これからは、スポーツカーとか外車とかより、福祉車両とか軽自動車に力を入れていきたいですね。車の原点である人間の足としての車の役割を再認識していきたいと思っています。使いやすい車、その人の生活にあった車を提供したいと考えています。環境面なども十分考えていかなくてはいけないでしょうね。

サトウオートショップ工場長:佐野 正男

車の世界に入ったきっかけは?

もともとオートバイが好きで、モトクロスにはまり富士スピードウエイや桶川などで走っていました。それで工具を持ってメカをメンテナンスするような仕事をしたいと思い、この世界に入りました。

気になることはありますか?

女性が運転している軽自動車のトラブルが特に多いように感じます。どうしてだろうって考えたんです。推測なんですが、メカに比較的弱い女性は車の危険サインが分からないので、そのままにしておくのではないかと。

例えば、水温計が上がっているとか、エンジン音がいつもと違うとか、ハンドルが重いとか。よほどの変化があれば修理にきますが、そうでない場合には気が付いたときには遅いことが多く修理費用もかかってしまい「えーそんなにかかるの」となってしまう。

今の車は壊れないイメージがありますが?

そこなんですよ。皆さんは高性能で壊れないだろうって思っていますが、壊れるんですよ。何もメンテナンスしないでおくと必ず壊れます。

実は軽自動車ってコストがすごくかかっています。小さな排気量のエンジンで普通車並みの力を出していますから、その分パーツがコンパクトで、ひとつひとつにかかる負担も大きいのです。コンパクトなエンジンの中身って非常に繊細でデリケートなんです。

ですから、故障させないためには定期的に点検をして欲しいと思います。それがダメならせめてエンジンオイルの交換だけはしてもらいたいです

エンジンオイルは重要ですか?

重要ですね。実際にそういったトラブルが非常に多いです。エンジンオイルを交換していなかったために、エンジンの中の流れが悪くなってトラブルを引き起こします。人間でたとえると血液の中のコレステロールが溜まって、ついには脳梗塞を起こしてしまうとか、大げさに言うとそういった感じですかね。

特に軽自動車はエンジンが非常にコンパクトに出来ていてる分、エンジンオイルが流動する通路が小さいですよ。そういった部分が、エンジンオイルを交換しないことで酸化して詰まってしまうんですね。そうすると循環されなくてターボチャージャーが壊れたりだとか、あるいはシャフトが焼き付いてしまったりとか、いろいろなことが起きてきてしまいます。

エンジンオイルは種類がいろいろありますが?

最低でもSL級を使ってもらいたいですね。(エンジンオイルのグレードはアルファベットや数字で表わされています。S後のFからアルファベット順でグレードが上がります)当社では標準でSM級を使用しております。ランクによって性能は違ってきます。今使っているエンジンオイルはメーカーがオリジナルで作ってくれたものです。10W-40(10W-30などの表示はオイルの粘度を表します。Wが付いた数字が小さいほ ど寒さに強いオイルで、Wのない後ろの数字は大きいほど高温でも粘度が保たれるエンジンオイルです)というオイルを使っていましたが、女性のアクセルワークを考えると、もう少し柔らかい方がいいのではというとこで、それをメーカーに相談したら作ってきてくれました。(笑)

だから、私たちのために作ってくれたオリジナルのエンジンオイルなんです。まずは自分たちで使ってみたらみんなが「エンジン音が変わった」「燃費が良くなった」と感触が良くて、それでお客さんに使うようになりました。

お客さんからも「燃費が良くなった」「エンジン音が小さくなった」とか評判が凄くいいのでうれしいですね。燃費向上とかいろいろなものが出回っていますけど、今回のエンジンオイルは確かにいいです。

オイル交換は業者によって違うものなのでしょうか?

作業することは同じですが、それに付随するサービスの中身が違うと思います。そのとき一緒にお客さんが見えない部分を見つけてあげる。当社の場合には、エンジンオイルだけではなくて冷却水やバッテリーなどの点検は徹底的に習慣づけています。

それによって交換するかしないかはお客さんの判断にお任せいたしますが、危険なサインが出ているときには「これ以上乗るとこういったトラブルになりますよ」と説明させてもらいます。

なるべく安全に乗っていただきたいですから、部分的な整備は常に心がけています。それかかる費用とか手間の問題ではなくて、社長がそういう考えなのでサービスの一環として日常的にやっています。

オイル交換いつでもしていただけますか?

当突然いらしてもエンジンオイルは交換できます。もちろん予約いただいても構いません。昨年秋に、最新のリフトを導入したのでエンジンオイルはすぐに交換できるようになりました。お客さんにも車の下から一緒に見てもらうこともできます。ぜひ、こんな状況ですよとご自分の車を見てもらいたいですね。見ながら説明させていただきますので安心してお越しください。

サトウオートショップ営業:三宮 正

お客様の最近の傾向ってありますか?

車をずっと長く乗られる方が多いですね。10万キロでタイミングベルト(エンジンの中の重要なベルト)を交換してまだ乗っておられる方もいらっしゃいます。車を買い換える方の場合も、軽自動車とか排気量が少ない車で燃費がよい車に買い換えるケースが多いですね。車の維持費を考え、軽自動車を選ばれる方が目立ちます。

よく選ばれる色ってあるのでしょうか?

最近では断然黒が人気ですね。実は、黒い色の車が売れるときは景気が回復してきていると言われています。逆に、違う色が売れているときは景気が後退している前兆であるとも言われています。それでいくと、車的には景気は良くなっていることになってます。(笑)

塗装という観点ではどうですか?

濃い系の色というのはどうしても年数と共に色やけをしてしまいますが、昔と比べてその辺もだいぶ良くなりました。塗料については、環境にも優しいということから、当社ではいち早く水性塗料を導入して使っています。

新車選びのポイントは?

お客様が何を目的として使われるのかによって違いますので、それに合わせた提案をさせてもらっていますが、やはり軽自動車が人気ですね。ここ数年は軽自動車の車種も増えてきました。「みんなと同じ車種に乗りたくない」という消費者の需要を反映しているのではないでしょうか。

また、この車が欲しいと決めてくるお客様以外に、車種は何も決まっていないけど来られるお客様も結構いらっしゃいます。スズキとダイハツは展示車がありますので、それを実際に見て決められることも多いですね。

当社では国産車、外車問わず全車種を取り扱っていますので、お客様の欲しい車を必ずご提供できます。パンフレットも全て揃っておりますので、パンフレットを持ち帰って検討する方もいらっしゃいます。

軽自動車の安全性はどうなのでしょうか?

最近では、各メーカーとも普通自動車と引けを取らない程のレベルになっています。ダイハツのMOVEなど、サイドのカーテンエアバックをオプションで付けられる車もでてきました。といっても、そうなると乗り出しで200万円近くなっててしまいますので普通車が買えてしまいますけど。(笑)

また、平成10年の10月以降の車から規定が変わって、軽自動車の横幅が4cmくらい広くなりましたので、体感的にはかなり広く感じられるようになりました。そんなことや経費のこともあって中古車でも軽自動車の人気が高いですね。

車の進化を一番感じるのはどの部分ですか?

全てが進化していますが、室内の広さは全然違いますね。カーナビなどのハイテク部分もかなり進化しています。カーナビを付けられる方は本当に多くなりました。軽自動車は基本的にオプションになるのですが、それでも付ける方が多いです。価格もリーズナブルになってきたことも要因となっているのではないでしょうか。

今のカーナビはハードディスク型のナビゲーションが主流で、CDやDVDのタイプのものは容量が少ないので需要がなくなってきました。ハードディスク型の場合、音楽CDが録音できたりとか機能も充実しています。CDを入れて取り込みボタンを押すだけで、約4,000曲が録音できちゃいます。昔は何枚セットできるCDチェンジャーにするかで悩みましたが、本当に便利になりました。

ナビゲーションシステムの更新はどうするのですか?

ハードディスク自体をメーカーに送って新しいデータに更新したものを戻してもらいます。車を持ってきてもらうことになりますが、取り外しや取り付けはすぐにできますので、いつ来てもらっても大丈夫です。期間は大体1週間くらいでしょうか。といっても頻繁に更新する必要はないと思います。「なんか地図が古いぞ」と感じたくらいで問題ないのではないでしょうか。

メーカーでの違いはありますか?

どこのメーカーも機能面等はさほど変わらないですね。また、最新のものはタッチパネル式になっていますので、非常に使いやすくなっています。モニターのサイズも、出始めが5.5~5.8インチだったのが今は7インチとなり、かなり見やすくなりました。

軽自動車でもオーディオのところに付けられますので、カーナビはオススメですね。もちろん、車本体だけでなくカーナビのこともお気軽にご相談いたきたいです。新車のときに取り付ければ、納車のときから使える状態になりますので特におすすめです。

ETCはどうでしょう?

ETCを付ける方も多くなりました。ETCはカードで口座の引き落としになりますので、お客様がカード会社に申し込む必要がありますが、これも非常に便利です。受信部がフロントガラスに貼り付けになり、本体も小さいものなので邪魔になりません。

また、ETCは通勤割引とか時間帯割引がありますので、使い方次第ではお得なんです。最大半額になることもありますから。

ところで消費者にとっては購入したあとの定期点検も気になるところですが?

当社では、新車を購入された場合、無料点検を2回させていただいております。初回は1ヶ月点検、そして半年点検です。そのときにオイル交換も無料でさせていただいております。(外車の場合は1ヶ月点検だけになります)

その後の点検ですが、軽自動車の場合だと8,400円となります。こちらもオイル交換は無料でサービスとなっています。普通車の場合でも10,500円、もちろんオイル交換無料サービス付です。これは社長の提案なんです。「オイルはサービスでやったらどうだい」ということで、日ごろの感謝の気持ちを込めてサービスさせていただいております。

三宮さんにとって営業とは?

販売してそれで終わりではなくて、そこからお客さんとの長い付き合いが始まると思っています。お客さんの方が詳しい場合もありますので、私も負けじと勉強していかなくてはなりません。売るだけではなくてアフターフォローをしっかりとしていきたいですね。

「これから長い付き合いが始まります」というきっかけのひとつでもあるし、そのスタートラインにできればと思います。長い付き合いをさせていただき、お客様のお役に立ちたいと思います。車はもちろんですが『私も買ってください』という気持ちでいつもお客様に接しています。

サトウオートショップ板金塗装工場長:高野 優

塗装の修行時代があったそうですが?

車18才でこの業界に入り、5年ほど東京で親方について塗装を学びました。始めはパーツの名前もわからず、親方に「フェンダー持ってこい」と言われても、どうしてよいのかわからずに大変でしたね。初めて色を噴かせてもらったのは1年以上経ってから、少しは認められたかなという思いでした。とにかく技術を身につけることに一生懸命な日々でした。

塗装で難しいところはどこなのでしょうか?

車の塗装は、色があせてしまうということもあり、工場では新車出荷時の色を100%再現することはできません。破損して交換した部品だけに塗装して、全くわからないようにするのは非常に難しいことです。

しかし、周りのパーツも一緒に色を塗らせてもらえると、ぼかすことで境目はほとんどわからなくなります。その分塗装料金は上がってしまいますが、丁寧にお客さんに説明させてもらいご了承いただくことで、よりキレイに仕上げることができます。

また、晴れているとき、曇っているとき、雨のとき、蛍光灯の下など、状況によって色が全く違いますので、そこは経験で調色して仕上げています。

板金で難しいところはどこなのでしょうか?

板金はほぼ手作業となります。アナログな行程となりますが、事故によってどこまで歪みがあるのかを見極めないといけません。例えば部品を交換してしまえば見た目はキレイですが、その中の歪みがしっかり直っていないと交換した部品もつきません。中の構造の寸法が合っていないと車は組み立てらないのです。当社では、イタリア製のフレーム修正機に車を乗せて,車の寸法を正確に直していきます。その結果、どうしても駄目なところは新しい部品に交換します。

塗膜認定技術者の資格を取得したそうですが?

当社では,オランダの塗料メーカーであるシッケンズを使用しています。色艶には定評があり、特に仕上げ剤は世界中のどの塗料メーカーにも追随を許さないと言われているメーカーです。高級な塗料ではありますが仕上がりが違います。

そのシッケンズの認定試験に合格して、一昨年の春に塗膜認定技術者を取得しました。合わせてシッケンズ永久塗膜保証認定ボディショップとなったことで、当社で直した補修部分についての塗装は永久保証することができます。これは大きなメリットだと思います。

現在の体制を教えてください?

板金塗装は4人体制です。板金と塗装を分担するのではなく、1人が最初から最後まで責任を持って修理して仕上げています。ひとつの修理を1人が担当して行うことで、状況の把握、技術面での向上、作業の効率化がよりできるようになりました。お客さんへの説明も一本化できます。工場長の最終確認が終わらなければ納車できないので、仕上がりの品質も高いレベルを保つことが出来ます。

環境にも配慮しているそうですが?

10年ほど前から環境に優しいハイブリッドタイプの塗料を使っています。塗料に対して入っているシンナーの量が従来の半分以下のものです。大気に蒸発するシンナーの量も半分になります。お客様に優しいのはもちろん、地球にも優しいボディーショップを目指しています。

特に気をつけていることはありますか?

お客様への対応でしょうか。板金塗装の受付をするようになり、お客様と接する機会が多くなりました。事故を起こしてしまった、または起こされてしまったお客様の心の傷もできるだけ和らげてあげられればと思っています。

修理内容や金額面などお客様のご要望をしっかりとお聞きして、出来る限りご希望に添えるように努力しています。常に自分の車だと思って対応・修理させてもらっています。

今後の目標を聞かせてください

受付では、お客さんに不快感を与えないようにしていきたいです。板金塗装については、少しのクレームも出ないようにしていきたいですね。「きれいになってありがとうございます」と言われることが一番うれしいですから。いつもお客さんに、その言葉を言っていただけるように頑張っていきたいです。

同じ車種、同じ色でも、全く同じ状態で修理することはありません。塗装技術も進化しています。日々勉強して技術・知識共に高めていきたいです。当社では24時間で対応しますので、事故の際にはまずご一報いただきたいです。その状況によって臨機応変に対応させていただきます。

 
新車販売

国産車&外車、全メーカーの新車を取り扱っています。ディーラーよりもお得で安心。高級外車から軽自動車まで各メーカーの特徴を熟知した専門スタッフにご相談ください。

詳しくはこちら
安心車検

サトウオートショップでは、今流行の一日車検は行いません。納得していいただける「安全・安心車検」をしたいからです。一日車検では得られない整備保証付の確かな整備をいたします。

詳しくはこちら
キズ・へこみ

より新車に近くをモットーに、最新の設備と専門メカニックの卓越した技術で100%満足のいく仕上がりをお約束します。お客様の立場に立ち、リーズナブルな価格でご提供いたします。

詳しくはこちら
厳選中古車:中古車一覧はこちら
金利3.9%:大幅値引き+特別低金利ローン